​基本レッスン

​「…オレ、ピアノがスキだなぁ。」

このセリフは、

小学5年生の男のコが、

レッスンでピアノを弾いた後、

そっとつぶやいた言葉です。

それを聞いて、

私たちの仕事というものは、

「こんなにも愛しいものなんだ。」

と、

思わず涙が出ました。

幼稚園・保育園児

「こんなに暴れん坊で、習い事なんかムリかも…」

ご家庭で元気に暮らす「怪獣ちゃん」にお悩みの方、

小林音楽教室では先代の頃から、

とにかく「怪獣ちゃん」に強い!

親御さんも最初はハラハラです。

イスに座らない、ママから離れない、なんかは序の口。

30分泣きっぱなしで過ごしたレッスンも経験します。

でも気がつけば、そのコもすでに小学生☆

今ではちゃんと宿題もやってくる「天使ちゃん」ですよ♪

人見知りの男のコで、3つ4つ習い事の体験に参加させても、

まるで手応えがなかったそうですが、ダメ元でここに来ました。

今ではピアノも弾ける、立派なサッカー少年です☆

ピアノの基礎はきれいな指つくりから!

​≪レッスンの特徴≫

・とにかく「できた!」の小さな成功を重ねていきます。

・幼少時が一番成長する「音感」を大切に訓練します。

・スポーツにも通じる「フォーム」の重要性を大事に。

​・幼児から積極的にピアノをさわらせて、感覚を育てます。

​・何でも話しやすい、やさしい先生たちが待っています♪

小学生

​「アレ?なんだか先生がオカシイぞ…!?」

そうなんです。

幼児園からお習いの生徒さんがまず感じるのが、コレです。

なにがオカシイかといいますと、

叱る!!

小学生になると学校のお約束があります。

​担任の先生から正しい接し方を学ぶはずです。

レッスン前後のごあいさつはもちろん、

大人への話し方や失礼のない態度、他人の家でのマナーにも、

いけないことがありましたら、しっかり注意いたします。

ご家庭や小学校での教育に加えて、

ピアノ教室でも、社会人との接し方を学習していただきます。

素敵な演奏のためには先生も真剣です。

「え?先生方はいつも面白くて、楽しいレッスンだよ!」

そうなんです。

ふだんのレッスンは、笑いにあふれた楽しいひとときです♪

特に、とんでもない脱線トークになったなら、

郡山で一番笑いが起きている音楽教室です。

重要なレッスンポイントとしては、

急なムチャぶりから人前で演奏させる

ことで、よく盛り上がります。

だいたいの生徒さんは、

「えー!」「むりー!」

とやりたがりません。

そこでいろいろな提案をして、結局は弾いてもらいます。

我々はプロなので、

そのコがなんとか弾ける予想がありますから。

するとほーら、

ふーーっ!超キンチョーしたー!

と言いつつも、

無事に演奏できて、むしろニコニコ顔ですよ♪

おかげさまで小林音楽教室には、

たくさんの生徒さんが来てくださっています。

5、6人の前での演奏をいつも行えます。

そして、

この「努力×一発勝負力」の階段の先に、

コンクールや卒業式等の伴奏が待っています。

階段の途中でピアノをやめては損ですよ!!

音符が読めるとピアノが一気に楽しくなります!
親御さんとの協力でレッスンプランもレベルアップ!

​≪レッスンの特徴≫

・清く正しい師弟関係の下、楽しく学べるレッスン。

・音楽の勉強に、他教室の「約3倍」時間をかけます。

・長年の経験から、学年に応じて「いい思い」をする指導計画。

​・伴奏オーディションやコンクール前には猛特訓があります。

​・小学校卒業までに「エリーゼのために」が弾けます。

中学生・高校生

​「ちょっと先生きいてよ!あのね、今日学校でさぁ…」

わかります…。

我々にも甘酸っぱい青春がありましたから。

いつの時代も、

多感な中高生の悩みは尽きないものです。

「成績下がった…」

「友達とケンカした…」

「部活で結果が出ない…」

「好きな人ができた…」

とあるアンケートの結果によると、

学生時、1対1で一番長く心情を話した大人は、ピアノの先生

だそうです。

(もちろん個人差はありますよ)

本来ピアノレッスンは、

ピアノの鍛錬に集中するべきかもしれません。

 

でも、我々はいつも聴いているんです。

“​散々話してスッキリしたコの綺麗な演奏を♪

抱える不安のうち、9割は実際に起こらない!

という精神科の研究結果があります。

そうはいっても、

不安のせいでギクシャクするこのお年頃。

精神学的にも“話してスッキリことが一番”

脳科学的にも“指を動かして脳をリフレッシュ”

昔は、我々ピアノ講師業にとって「塾通い」とは勝負でした。

ピアノから塾へシフトする懸念からです。

今は、塾との共存」を大切にしています。

ピアノで脳やストレスの整理をして、

​“実用的な記憶のしかた”をピアノから学んで、

しっかり勉強しましょう!

実際、小学6年生&中学3年生の「約9割」が、

​進学後も小林音楽教室を辞めることなく通っております。

その昔、後に一橋大学へ進学した安高生に、

​「なぜピアノを通い続けているの?」と、

尋ねたことがありました。すると、

生活リズムにレッスンが入っているんで。

何か習慣を持っていると、成績の安定や向上によいそうですよ。

…恐れ入りました。

​(ちなみに彼は、一橋大の本試験2日前まで通っていました。)

レッスン前後に生徒さん同士の会話が弾みます♪
笑いの絶えない楽しいレッスンです。
演奏家でもある講師陣の見本演奏もあります。

​「エレクトーンは、いつ弾かせてもらえるんですか?」

発表会で演奏する前提で

中学1年生からようやくエレクトーンを弾けるようになります。

小林音楽教室で使用している最新型のエレクトーンは、

エレクトーン教室だと、先生だけが使える上位機種ですが、

それを使って存分に弾いて楽しんでください。

ピアノでも、気分転換に好きなJ-POP等をレッスンしますが、

やはりエレクトーンの迫力は格別です。

ポップスやアニメ、ロックやサントラなど…

一応、

リズム感を養うコードネームに触れる

などの目的は定めていますが、

とにかく「楽しい!」ので、

ぜひ中学生でもレッスンを続けましょう♪

中学生以上からエレクトーン演奏も始まります。

​≪レッスンの特徴≫

・「ショパンの曲を含む3曲」を常に弾けるように維持します。

・ピアノと並行してエレクトーンも時間内に学習します。

・J-POPやボカロ曲でも、好きな曲も並べてレッスンします。

​・校内合唱コンクールの伴奏を全面的に応援・特訓します。

​・過去十年分の結果を用い「音楽のテスト」対策もします。

大人・大学生

​「私なんか忘れちゃって、もう弾けませんよ…!」

このようなお話を、

親御さんからホントよく聞きます。

ここから分かった本当にもったいないことは…

小学生あたりで辞めた人ほど、ピアノを触りたがらない

もう何年も弾いていないからムリです…と、

娘さんが一緒に弾きたがっているのに、

抵抗をお感じになっている光景。

もう目の前には、

愛娘との親子連弾

という一生モノの思い出が待っているのに…。

小学生あたりまでピアノを続けたお母さまに演奏させると、

それはそれは、基礎を指が覚えておられる!

要するに、

曲がすぐには弾けない」だけですよ。

小林音楽教室では、

(未経験者の方も、もちろん大歓迎です!!)

ピアノ経験のある大人の重ーい背中を

「ポン!」と押して差し上げます♪

もう一度弾きたい思い出の曲、

いつかは弾きたい憧れの曲など…

「自分にはムズかしくてムリです」

と思う曲もあるかと思いますが、

プロの指導計画にお任せいただければ、

弾けるようになりますよ♪

そのまま「発表会参加」はいかがですか?

「ピアノが弾けるという快感」を味わいに、

ぜひ“大人レッスン”へお越しください。

できることからコツコツと弾けるようになるレッスン。
ピアノ歴がなかった私も弾けるようになりました♪

 

​≪レッスンの特徴≫

・1レッスン制も選べるのでお忙しい方でも長く通えます。

・教材は生徒さんの「今弾きたい曲」からピアノを学びます。

・楽しい会話も交えて、ゆったり&しっかりしたレッスン。

​・メロディ演奏だけでもOK!講師が伴奏いたします。

​・大学生はテスト対策等、要望に応じたレッスンをいたします。